脱毛機の性能、永久脱毛と毛を引き抜く機器の違い

脱毛機はムダ毛が生えてこない様にする為に使う場合と、今現在に生えている不要な毛を処理する場合の二つに分かれます。
前者の脱毛機は主に、毛根にダメージを与えて徐々に生えてこなくする様に対処する手段です。
呼び方を変えると「永久脱毛」」を成立させる為に必要ですが、フラッシュやレーザー機能が付いているのが基本となります。


毛根は非常にしぶとく、そして簡単には機能停止しません。定期的にフラッシュやレーザー機能でダメージを与えていくべきです。

後者のムダ毛を処理する場合に使う機械も脱毛機と呼びます。


しかし、リスクは目立つのが問題点です。強引に根本から引き抜いてしまいますから、皮膚にダメージを与えてしまいます。
・永久脱毛は叶いません。



簡単に言うと引き抜いて処理するだけですから、毛根にダメージは与えられないのもデメリットです。



毛根から無理矢理に抜いてしまうと毛穴が開いて、そこに汚れが入り込んで角栓が出来る原因になります。

・炎症を引き起こすのもデメリットです。

皮膚が脱毛行為に堪えられなくて、代償として腫れや赤みを誘発させます。

永久脱毛を促せない脱毛機はリスクが非常に高めになりますから、注意すべきです。

一般的に見ると、脱毛機はフラッシュやレーザーで対処すると思われがちです。


しかし、実際はそうではありません。



毛を無くすことが前提になりますから、今現在に生えているムダ毛を徐々に生えて来なくして、最後に永久脱毛させるか、既に生えているムダ毛を引き抜いて一時的に消すか、意味は分かれます。